FC2ブログ
あっちこっちってどっち
拍手でいただいたコメントのお礼です。たまに日記かもしれません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
12/24 17:16 12/27 15:58 あしゅ様

何度も読み返してくださったとは、大変恐れ入ります。
そして結局陛下は夕鈴のこと忘れてませんでした^^;

正妃さんは、捏造キャラが出張ると嫌う方も多いかな、という都合もありましたが、
きっとだれが来ても同じようになるのではないか、
陛下が正妃にと選ぶような女の人なら、だれが来ても人徳があり、同じ展開になるのではないか、
という理由で匿名のままにしました。
自分の中ではいろいろ設定もつけてあったので、
正妃さんのことを気にしていただけたのは嬉しかったです。
本編内に詰め込めなかったところがいろいろあるので、
まとめられたら正妃さんに焦点を当てたものもかければいいな、と思います。

陛下の夕鈴に対する思いと、
正妃と子どもに対する愛は全然種類の違うものであって、
陛下の選ぶ人であったなら、それも2人には伝わっていてくれた、はずです。

夕鈴がいなくてもなにも変わらない、というタイトルは、
夕鈴が来る前の王宮と、
いなくなったあとの王宮は結局変わらなくて、
たとえ夕鈴が来なかったとしても、陛下は相応しい正妃を取って、
国は発展していただろう、
夕鈴がいた時間はあってもなくても同じだった、という表面上の現実と、
でもそうじゃないところでは、実際は、
夕鈴がいた意味はきっと大きかった、
というその差を表したくてつけました。
あしゅ様からのコメントを読んで、
夕鈴が残した結果が残ったままだから、いてもいなくても変わらない、
という二重の意味も持てたなあ、と今気づけました。
ありがとうございました!
スポンサーサイト
[2012/01/02 07:00] | 拍手お返事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< 12/24 00:17 ユキ様 | ホーム | 12/26 23:38 ちぃ。様>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://osakanaya3wclap.blog.fc2.com/tb.php/26-3336ffda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

二丁目の魚屋

Author:二丁目の魚屋

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。